2005年11月07日

【回答172】二色のキャンディ

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題172】を参照ください。

【回答172】
タイゾー君が二個のキャンディを取り出すと、コイズミ君から一個入れてもらえるので、必ず袋の中のキャンディの数は1つずつ減っていくことになります。
ところでタイゾー君が取り出すキャンディの組み合わせは次の3通りがあります。

白−白
白−赤
赤−白

この3通りについてそれぞれどのような結果になるかを考えてみると、

1.白−白の場合
袋の中から白のキャンディが二つ減って、コイズミ君から白のキャンディを一個もらえます。ということは、袋の中は白のキャンディが一個減ることになります。
(白が−1)

2.白−赤の場合
袋から白、赤のキャンディがそれぞれ一個ずつ減って、コイズミ君から赤のキャンディを入れてもらえるので、赤のキャンディは減らずに、白が一つ減ります。
(白が−1)

3.赤−赤の場合
袋から赤のキャンディが二つ減って、コイズミ君から白のキャンディを一個もらえるので、
赤のキャンディが二つ減って、白が一つ増えます。
(赤が−2、白が+1)


次に、袋のキャンディが一つになる手前の状況(袋の中にキャンディが2個ある状況)を考えてみます。この状況も次の3パターンが考えられます。

(1)白−白
(2)白−赤
(3)赤−赤

ところで、上で見たように、赤のキャンディは必ず二個ずつ減っていきます。ということは赤のキャンディが一個(奇数)になることはありえません。なので、(2)のパターンはありえないことになります。

ということで、(1)と(3)のパターンで考えます。白−白だったら次に白が一個減って白が残りますし、赤−赤の場合は赤が二つともなくなって白が一つ増やされ、この場合も白が残ることになります。

というわけで、最後は必ず白いキャンディが残る、というのが正解になります。



ちょっと難しかったかもしれません。赤のキャンディが元々奇数個あったら、また別の答になります。こんなクイズを人生を決める決定的な場面で出されたら、ココを思い出してください。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9048019

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。