2005年10月10日

【回答148】二つの島の距離

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題148】を参照ください。

今朝、子供といつものようにテレビ朝日の「仮面ライダー響鬼」と「ふたりはプリキュア」を見ていたら、どっちのテーマも恋愛でした。テレビのシリーズものが季節感を取り入れているものだとすると、秋もこのくらいの季節になると人恋しくなるという事でしょうか。

前に読んだゲームの理論系の話で、恋人をつくるための(ゲームの)理論というのがあったのを思い出しました。そのうち、本編の方で紹介します。


【回答148】
さらだ様のコメントにありましたように、絵で書いてみると、ちょっと分かりやすくなります。
一番上の図から、最初に2つの船がすれ違ったとき、2つの船が相手方の島についたとき、次に2つの船がすれ違ったときの順です。

kaitou148s.JPG

最初にすれ違ったとき、2つの船が動いた距離の合計は、二島の距離と等しくなります。また、双方の船が相手方の島に着いたときは、2つの船の動いた距離の合計は、二島の距離の2倍です。(ここでどちらの船も10分間停泊しますが、同じ10分間なので、ないものとして考えて全く問題ないです)
次にすれ違ったとき、図のとおり、2つの船の動いた距離は合わせると二島の距離の3倍です。

ここで、コイズミ島から出た白い船に注目します。白い船は、最初にすれ違ったとき、720m進んでいました。次にすれ違ったとき、どちらの船もこのときの3倍の距離を進んでいるので、白い船はここまでで720m×3の2,160m進んでいることになります。

ところで、この時点で、白い船はタイゾー島から400m離れたところにいます。二島の距離と400m進んだところにいるということなので、進んだ距離2,160mから400mを引いた1,760mというのが求める回答となります。



NAO. 様>これを代数で解くとはすごいですね。

ちなみに、元ネタにはもう一つ鮮やかなネタが入っています。ココでm(メートル)と表記していたのは、元ネタではヤードという単位でした。1,760ヤードは1マイル、ロイドは1マイルという単純な回答を要求していたのでした。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: ヤードヤード (yard) とは、距離の単位であるところのヤード。鉄道におけるヤードは、側線、操車場を参照。----ヤードとは、ヤード・ポンド法における長さの単位の一つである。単位記号はyd。漢字では..
Weblog: 単位がないと不便
Tracked: 2007-09-30 05:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。