2006年01月26日

【回答236】一週間だけの大ヒット

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題236】を参照ください。

新聞にあったんですが、一連のライブドア関連で海外メディアがこれをどう伝えたか、という記事の中、ライブドアは中国語で「活力門」といい、発音は「ホォ・リー・メン」と「ホリエモン」に似ている、というのがありました。
海外メディア報道とは全く関係ない小ネタなので、この記者、このネタに気がついてどうしてもこれが言いたかったんだと思われます。(気持ちはよくわかります)


【回答236】
そんなに難しくないですね。かの国では映画は犯罪の多い映画館で見るのではなく、ビデオパッケージで買って見るものになってます。
著作権保護が確立していないので、その映画がヒットすればするほど純粋に楽しむ人以外の目にもとまるようになり、一週間もすると海賊版ビデオが出回って席巻されてしまうからでした。

この話は製作にも影響して、可能な限り早く撮るのは、一週間で投資を回収できるようコストを抑えるのと同時に、公開前に(ビデオ販売前に)海賊版が出るのを極力防ぐという理由もあります。


中国返還直前の香港に行った際、大きなビル一棟全てで堂々と違法コピーソフトウェアを売っていて大盛況だったのを見たことがありますが、(値段は当時で大体日本の1/10程度)あんなの見るとソフトウェア業界の方々が怒るのも無理ないと思います。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。