2006年04月18日

【回答273】方位の誤植

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題273】を参照ください。

【回答273】
この看板、よく見ると東と西の位置が通常とは逆になってます。これが誤植でないとするとどう使えばいいか。実は見上げるところに貼り付けて使うものだったのでした。
例えば天井に書いてあって見上げて方角を知る場合、東と西は反対向きでちょうど正常な方角を示します。プラネラリウムというコメントもいただきましたが、同じような考えですね。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

【回答272】ドイツのスパイはテレパシーで会話する

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題272】を参照ください。

【回答272】
この話、私自身何かの映画で見たような記憶があります。食事を摂るときには外套(コート)や帽子は外すのがマナーで、レストランの入口には帽子掛けやコート掛けがありました。
ドイツのスパイ二人は全く同じ帽子をかぶってそれぞれ勝手にレストランに入り、出るときに自分がかぶってきたのではない、全く同型の帽子をとって出て行きました。そう、その帽子の中にメッセージを入れていた、という事でした。


回答編の方も遅れがちですいません。入院したら一気に仕上げられるんですけど・・・

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

【回答271】20個の点から正方形

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題271】を参照ください。

この前の問題編で黒ヒゲ危機一髪のネタを書いてましたが、ウチにあるこのおもちゃを良く見てみたら、正式な商品名は「危機一髪」ではなく、「危機一発」なんですね。似ても似つかないのにこんなものまで007の影響を受けていたとは・・・


【回答271】
正方形は全部で21個できます。

まずは一辺が1のもので9個、√2のもので4個、

回答271−1

次に2√2のもので4個、√13のもので2個、

回答271−2

最後に√5のもので2個(これ、見つけづらかったのでは?)

回答271−3


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

【回答270】合法的な詐欺師

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題270】を参照ください。

今日は会社を休んだので日がな一日ぐうたらに過ごしてました。テレビを見てたら最近の株式投資熱を反映してか、未上場株式の販売詐欺(半年後には上場しますよ、とかいって株式を買わせるらしいです)の特集とかやってましたが、そんなうまい話はありません。ご注意ください。(誰かに訊けばすぐにわかるような詐欺だとは思いましたが)


【回答270】
この業者は買った人に小切手で代金を返金しました。小切手が本物で、支払い資金も十分にあり、更に詐欺としても立件できなかった、となると法的に違反していたのではなさそうです。ではどうやって儲けたのか?

実はこの業者が振り出した小切手の名義がミソでした。この業者の会社名はちょっと口にするのもはばかれる倒錯性愛的な名前で、一般的にはちょっと引かれる名前だったのでした。受け取った個人はこの小切手を銀行に持参しなければ現金化することはできません。
社会的な信用、もしくは銀行員の冷たい視線と現金を天秤にかけ、小切手を破り捨てた人が少なからずいました。結果として、小切手の引き換えに現れなかった人の分だけこの詐欺師はまんまと「儲けた」ということだったのでした。

この詐欺グループ、結局捕まらなかったとのことでしたが、最初からこんな人の心理を突いたことまで考えてやっていたとしたら相当賢いです。(そもそもそんな名前の会社を設立する時点でもう恥ずかしいです)

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

【回答269】海賊と金貨

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題269】を参照ください。

この問題の元ネタはマーティン・ガードナーではないか、ということを問題編のところで言ってましたが、もう少し詳しい書籍があって、それによると、イリノイ大学のスティーブン・ランズバーグという人が考案した、ということのようです。(その問題では海賊は10人でした)
そして更にそこから応用編の問題などが作られたりしていて、これがまた面白いです。ということで、今日の問題編の方はこの応用編の問題にしようかと考えています。


【回答269】
これは帰納法で解いていきます。まずは二人の場合にどうなるかを見てみます。二人の場合、親分は自分が100枚の金貨をとる、と提案するのが論理的です。この提案に下っぱが反対したところで、自分が賛成して多数決で半数をとれるからです。

次に三人の場合だとどうでしょう。二人の場合だと、一番の下っぱは何ももらえないことがわかっています。ということは、一番の下っぱにとっての最優先戦略は、親分の提案が通ることということになります。(親分の提案が通らなかったらその親分は殺され、あとは二人になってしまう=何ももらえない、からです)

論理的な親分は下っぱがそう考えることを予想します。そこで、この一番の下っぱに最低限の金貨さえ与えれば賛成してくれるだろう、と考えます。一方、この下っぱさえ賛成してくれれば多数決で勝つので、No2には何も与える必要はありません。

ということで、この場合の親分は自分が99枚、No2には0枚、一番の下っぱに1枚という提案をして、自分と一番下っぱの賛成を得ます。

四人のときも同じように考えます。考えやすいように、一番下っぱから親分までそれぞれn1、n2、n3、n4とおきます。(親分はn4です)n4は少なくとも自分ともう一人、計2名の賛成を得る必要があります。
ところで、このときのn2の戦略はn4の提案が通ることです(先ほどと同じ考え方です)。また、n1、n3にとってはn4の提案が通らない(=n4を殺して三人にする)方が得です。

ということで、n4はn2だけ、最低限の金額で買収します。提案はn4が99枚、n3が0枚、n2が1枚、n1が0枚です。

やっと五人のケースにきました。今度も下っぱからn1、n2、n3、n4、n5とおきます。五人なので、n5は今度は二人から賛成を得る必要があります。親分が殺されて4人になったときに何ももらえないのは、上のケースからn1とn3の二人です。言い換えると、n1とn3はn5の提案が通ることが最優先戦略となります。
なので、n5である親分は分配案を、こう提案します。

自分が98枚をとる。No2には0枚、No3には1枚、No4には0枚、No5には1枚を渡す。

これにNo3とNo5が賛成をしてめでたく分配されるのでした。


友達にすすめる




posted by fakerholic at 22:09| Comment(9) | TrackBack(1) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

【回答268】4軒の靴屋

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題268】を参照ください。

そういえば今日はエイプリル・フールでした。この日向けに何かやろうとちょっと前に考えていたんですが、結局多忙になってしまい、また今度ですね。ところで「四月バカ」って直訳と思われますが、ちょっとひどい訳だと思いませんか。


【回答268】
この靴屋が他の3軒の靴屋と違っていたこととは何でしょう。靴という商品は2足揃って初めて機能する商品ですが、陳列する際にはスペースを多く使うために片足分だけ置いておくことが多いようです。
そうなると、犯罪者は万引きしたところでそもそも片足分しか万引きできません。両足分使うためにはもう片足分も盗まないと使えないことになります。

そう、3軒の靴屋は陳列している靴を全て右足側(もしくは左足側)にしていたのですが、この靴屋だけ反対の左足側(もしくは右足側)を陳列していたために、他の靴屋で盗んだ靴とちょうど合う反対側の靴を3軒分まとめて盗まれていたのでした。3軒分まとめて「引き受けていた」ためにちょうど3倍被害に遭っていた、ということでした。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。