2005年08月30日

【回答111】ホリエモン君の送ったもの

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題111】を参照ください。

ミスといえば、私が入社して数年の頃、ある日会社に性風俗の割引券が郵送されてきたことがありました。宛先は会社の私のいる部署宛で、これはもう、この部署の誰かがそこで名刺を置いてきた以外に考えられない事態なのでした。

なんでそんなところで名刺を置いてくるのか理解に苦しみますが、その部署の7人の男達は全員が疑心暗鬼のまま、当時独身の私含めて女性社員から白い目で見られ続けました。
結局誰か分からずいつの間にかうやむやで終わりましたが、未だに、そのハガキを見つけた時の次長の顔を忘れられません。(ちなみに決して私ではありません。と、当時も全員がそう言ってたなぁ)


【回答111】
ミスだと思うのはホリエモン君なので、別に何を送ったところでホリエモン君がやばいと思ったものが回答だとは思いますが、最もスマートなものとしては、メールボックス(郵便受け)の鍵を郵送した、というのが回答です。

メールボックスの鍵が無いのでホリエモン君に送るよう頼んだら、その鍵がメールボックスに入ってしまった、というオチでした。

簡単でしたね。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

【回答110】ホリエモン君とミキタニ君の関係

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題110】を参照ください。

問題編のコメントにシュレディンガーの猫が出てくるとは、このサイトもアカデミックです。中身はよく分かりませんが、なんかかっこいいんですよね、「シュレディンガーの猫」。
箱に入れられる猫にとってはいい迷惑ですが、この言葉の響きに魅せられます。


【回答110】
横溝正史の金田一耕助シリーズの最後のタネ明かしに出てきそうな問題です。等々力警部あたりが、船で渡った本州の町役場で戸籍を調べてたりします。

用意していた答はこのようなものでした。
ホリエモン君の実の息子ミキタニ君は、連れ子(女性)のいる女性と結婚します。この連れ子をホリエモン君が見初めて後妻として結婚すれば、ミキタニ君とすればホリエモン君は義理の息子ということになります。

もっとも、ミキタニ君にしてみれば自分の娘に手を出されたわけですから、エロオヤジ以外何者でもないと思われます。


なまけもの様のコメントもありえそうです。実際に友達の母親と結婚した野球選手もいたりします。OZAKI様のコメントの場合、近親婚となってしまいそうで、そうなると民法で禁止されています。(多分:調べてないので曖昧です)
時と場所を変えれば、例えばクレオパトラの時代のエジプトは統治者は近親結婚だったので、ありえそうです。


教訓:何れにしても、双方が息子という二人はちょっとアブノーマル


【110−2】
これは簡単です。ミキタニ君はホリエモン君の母親でした。
ミキタニ君は性転換したのかもしれません。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

【回答109】タイプライターのパズル

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題109】を参照ください。

【回答109】
なぜこの問題が有名なのかというと、回答(の一つ)が、「TYPEWRITER」(タイプライター)だからです。

一度聞いたら多分忘れない問題なので、多く広まっている問題だと思われます。もし人に出してみて簡単に答えられてしまったら、(負けず嫌いな性格なら)こんな回答もあるので、「じゃあ他には?」とたたみかけるのも手です。

REPERTOIRE(レパートリー)
PEPPERTREE(こしょうの木)
PROPRIETOR(所有者)
PERPETUITY(不滅)

まあしかし、普通の日本人にはちょっと難しいです。もちろん私にも無理です。あまりやりすぎると嫌われてしまう可能性大なので、実はこんなのもあるんだよ、とトリビアっぽく言うのが大人の口説き方かもしれません。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

【回答108】ホリエモン君出馬の皮算用

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題108】を参照ください。

【回答108】
一つだけ確実に本当のことを言っている、ということなので、まず、3つそれぞれの回答自体に矛盾がないかみてみます。
みると、どれもそれぞれ単体の回答としては矛盾はなく、またそれぞれが正しいのかどうか検証のしようもないので、この段階では、どれが本当のことなのかわかりません。

では次に、2つの回答の組み合わせで矛盾がないかみてみます。矛盾があれば、そのどちらかが本当ではない、ということになります。組み合わせとしてはAとB、BとC、CとAの三通りあります。

AとB
この2つの回答、実は矛盾していません。回答をした日が12月の最終週であれば、来週木曜日は新年に入るのでこのケースはありえます。

BとC
この2つも矛盾しません。回答日が12月30日、31日であれば、どちらの回答も正しいことになります。

CとA
この2つは矛盾しています。この2つの文の内容を満たす日は存在しません。

ということは、ホリエモン君はA社かC社のどちらか一つには必ず嘘を言っていることになります。(ただ、他の組み合わせは成立可能なので、どちらに嘘をついたのかまではわかりません)
問題は、一つだけ確実に本当のことを言っている回答はどれか、ですから、A社でもC社でもない、B社に言った回答、というのが正解となります。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

【回答107】シロクマ天国

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題107】を参照ください。

帰宅したら、お祭りで買ったと思われるプロペラ(ひごのようなものを引っ張るとプロペラ部分が回転して上に飛んでいくおもちゃ)がありました。
ちょっと子供の前でやってみたら、「パパすごい。やっぱりパパはすごいなあ。どうしてパパってこんなにすごいの」と気持ちがこもった様子もなく何回も言ってきます。これはどう考えてもほめ殺しです。どうしてすごいの、って言われても。


【回答107】
簡単でしたね。
シロクマは本当の名前はホッキョクグマです。南極にはいないので、記録に残っていることはありません、というのが回答です。


十郎様>シロクマがマヌーサ使いだったとは知りませんでした。動物園にいるシロクマはマホトーンで捕まえたものと思われます。


ちなみに、現在南極条約というのがあって、南極大陸に本来いない生物の持込は禁止されているそうです。(南極物語のタロとジロはこの条約が発効する前の話だそうです)
なので犬ぞりは北極ではできますが、南極ではできません。(このあたり、海のトリビアという本からのネタです)

でもNHKの人とか人間がいるじゃん、という話はありそうです。元々南極の生態系を壊さないことを目的とした条約ですが、どう考えても人間が一番生態系を乱してますもんね。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

【回答106】竿(さお)を拒否する郵便局

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題106】を参照ください。

台風11号が関東地方に近づいています。今夜中に首都圏を縦断するらしいですが、テレビを見てたら「それでは現場からの中継です」といって、暴風雨の現場でメモを読んでいる人が出てきました。

毎度のことですが、ただでさえ危ないのになんで現場にいるんでしょう。別に屋内にいても誰も文句を言わないと思いますし、なんだかイジメのようです。
「じゃ、今日はお前が現場だ」「え、また現場ですか(勘弁してくださいよ)」のようなやりとりがあるんでしょうか。現場の方も特に台風にはお気をつけください。


【回答106】
タテヨコ50cm以内の(例えば45cm程度の)箱に斜めにして入れます。
45cm×45cm×(高さ)の箱であれば、高さを考慮しなくても斜めは約63cm(45cm×ルート2)になるので釣竿を入れられるということになります。
まあ、もともと郵便物には斜めの大きさに対する規程がない、というところがミソです。


値切る、という回答も面白そうです。
この問題にも、銃(!)を郵便で送るものや、同じく釣竿を持ってバスに乗るなどいろいろなバリエーションがあります。


いただきましたコメントの中に、あて先を架空にする、というコメントがありました。うる覚えですけどこれに関係したこんな話があります。

アメリカで税金(もしくは公共料金?)を小切手で支払うのに、郵便代を払いたくない人がいました。その人はどうしたかというと、差出人を書かずに封書を投函しました。こうすれば着払いとなります。
見かねた行政が、差出人が無記名だったら配達しない、という風にルールを変えました。ではその人はどうしたか。差出人にも宛先と同じ名前を書いたのでした。



銀行の振込でも同じような話はあります。振込手数料は負担してください、といってるのに必ず差し引いて振り込む人(法人)がいます。最近では銀行によって手数料も違うので、これで儲けている人もいそうです。
なんだかだんだんせこい話になってきましたので、このへんで終わりにします。。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

【回答105】全く同じの二通の手紙

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題105】を参照ください。

私事ですが、近々、自社を宣伝するためにちょうちん記事(コラム)を、とあるビジネス系メルマガに書くことになるかもしれません。といっても毎日のネタはこのブログに書いているので、どうもそっちは力が入りません。

ひょっとしたらここに書いているクイズなどをそのまま書くかもしれません。仮に目にすることがあったら、彼も大変なんだなぁと遠い目で見守ってください。


【回答105】
二通の手紙は全く同じものでした。ただ切手を貼るまでの間の話です。一方の手紙は規程料金丁度の額面の切手を貼りました。もう一方の手紙には小額の切手を多く貼っていたために、その切手の重さ分重くなって規程料金を超えてしまったのでした。

面積の大きい記念切手を貼った、とか、最近ではプリクラつきのシール切手などもあるので、それを貼っていた、というのも正解っぽいです。



しかし、きちんと問題を定義しないと、思わぬ抜け穴がありますね。。速達、書留、配達証明、配達記録・・・実は速達なんて思ってもいませんでした。
これだけ余計にお金をとる手段があるのにあの公社の郵便事業は赤字なんですね。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

【回答104】停電中の出来事

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題104】を参照ください。

【回答104】
この手の問題は、普通に考えればそれしかありえないのに、まさかそんな筈はない、と思い込んでしまうところを狙っています。
真実は、ホリエモン君が自分の手にキスをして、その後ミキタニ君を引っ叩いた、です。

ミステリ(推理小説)あたりだと、何故ホリエモン君がそんなことをしたのか動機まで明かさないと読者は満足しませんが、まあ、これはクイズなので、彼は変人だった、でおいておきましょう。

もちろん、最後の一文、真実はホリエモン君だけが知っていた、だけで正解にいきつくことも可能でした。

ちなみに、この問題、場所のバリエーションとしては列車がトンネルを通過した時、というのがあります。また、登場人物のバリエーションとして、男性2人と女性2人の計4人というのがあって、この場合は綺麗だと描写されている方の女性(多くの場合白人です)が、「なんであの人ったら私じゃなくてあんな女にキスをするの」と言います。


この問題の派生としてこんな問題もあるので、関連としてご紹介しておきます。

【問題】
ある町で殺人事件が起きました。殺人現場で、凶器のナイフをもった挙動不審の男が容疑者として逮捕されましたが、その町の敏腕刑事ホリエモン君はその男が犯人でないことをただちに見抜いていました。なぜだかわかりますか。


簡単ですね。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【回答103】図形の5分割

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題103】を参照ください。

【回答103】
すぐできた方と悩んだ方に分かれたのではないでしょうか。悩んだ方は回答見たら怒り出すかもしれません。これが回答です。

kaitou103s.JPG

正方形はもちろん、同じ形で無限に分割できます。上の2つの図形がうまく分けてあって、これがミスリードしているという問題でした。
【問題23】図形の3分割の回答編で触れていた、もっと大胆な図形、というのがこの正方形だったのでした。真面目な人ほど引っかかりやすいかもしれません。

上の2つの図形を書いて説明して、さあ、どうぞと正方形を書くと、案外悩む人が多いような気がします。お酒が入っている場などで是非どうぞ。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

【回答102】まともなミサイルと不発弾

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題102】を参照ください。

今日、エジプトに旅行に行っていた弟から土産が送られてきて、中にヒエログリフ(エジプトの象形文字)で子供の名前を印刷してあるTシャツが入っていました。感覚的には外国人が漢字のTシャツを買っていくようなものです。
ひょっとしたら日本でも、その人の名前を漢字にして貼り付けたグッズを売れば儲かるかもしれません。

キャサリン→伽沙凛
コルサコフ→氷迫府(ん、なんかロシアっぽい)

等々。綺麗系、強い系、ヤンキー系などいくつかパターンが選べるともっといいかもしれません。どなたか企画を夜露死苦。


【回答102】
撃ち出されるミサイルがまともなミサイルか不発弾であるかは、敵の迎え撃つ方にとっては関係ありません。見た目がミサイルである以上、全てが撃ち落とすべき対象となります。
また、仮に撃ち落とせなかったミサイルが不発弾であったとしても、足元に不発弾があるという状況は気味の悪いもので、その処理に多くの時間をかけるか、陣営を移動させる必要が出てきます。
結局のところ、一定の割合で不発弾が混じっていてもマイナス面がないという判断をして、品質改善にかけるコストを別のものに回したのでした。

現代の戦争でも、デコイ(おとり)を使って、本物の数より多くいるように見せかけたりします。(この前テレビでゴム風船でできた戦車、というのを見たことがあります)


ところでこの話、専守防衛がいかに難しいか、という話につながります。攻める側のコストより守る側のコストの方が大きいからです。そういえばちょっと前、莫大なお金をかけたスターウォーズ計画というのもありました。戦争なんて真っ平御免ですが、専守防衛でもそれなりのコストは必要です。


友達にすすめる

posted by fakerholic at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【回答101】ホリエモン君とミキタニ君の賭け

問題編は一息ついたときの小ネタ【問題101】を参照ください。

このサイトがオールアバウト(テーマ毎のページがあってそれぞれのガイドが運営しているリクルート・Yahoo系のサイト)の 、
ビジネス・キャリア>発明・アイデア商品・新技術>アイデアの発想法
におすすめIndexとして登録されました。やってるといいことあるものです。


【回答101】
有名な問題なので、ご存知の方も多かったかもしれません。
このゲームは実は先手必勝なのでした。まず長方形のテーブルの中心(対角線の交点)にコースターを置きます。次はミキタニ君の番ですが、テーブルの中心以外のどこかにコースターを置くことになります。

以降、ホリエモン君はミキタニ君の置いたコースターの、テーブルの中心から点対称になる場所にコースターを置いていきます。ミキタニ君のマネをして置いていけばいいので、置けないことは絶対にありません。こうしてゲームを進めていくと、ホリエモン君はマネしているだけなので、先に置けなくなるのはミキタニ君、ということになるのでした。



と、ここまでが回答ですが、最初に厳密に対角線の交点にコースターを置かないと、すぐ横にコースターを置かれて立場が逆転してしまうことがあるので、実際にこのゲームをやるときは注意が必要です。


ちなみに、サム・ロイドの原典では、コースターの代わりに葉巻でした。葉巻だともう一ひねり必要です。そう、最初に対角線の交点に置く際に、葉巻を立てて置く、ということになります。
脚色したマーティン・ガードナーの問題では卵でした。最初に置くときにやはり卵の底を割って立てて置きます。まさしくコロンブスの卵です。

友達にすすめる

posted by fakerholic at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

【特別編回答11】100問目企画第10問

問題編は一息ついたときの小ネタ【特別編11】を参照ください。

【特別編回答11】
ホリエモン君は「じつ」という名の馬に乗ってました。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編回答9】100問目企画第8問

問題編は一息ついたときの小ネタ【特別編9】を参照ください。


【特別編回答9】
もちろん、その列の鳥の数が多いからです。



友達にすすめる
posted by fakerholic at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編回答7】100問目企画第6問

問題編は一息ついたときの小ネタ【特別編7】を参照ください。

【特別編回答7】
どちらも地面には落ちません。



友達にすすめる
posted by fakerholic at 14:13| Comment(1) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編回答6】100問目企画第5問

問題編は一息ついたときの小ネタ【特別編6】を参照ください。

【特別編回答6】
ライオンは草を食べません。



友達にすすめる
posted by fakerholic at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編回答5】100問目企画第4問

問題編は一息ついたときの小ネタ【特別編5】を参照ください。

【特別編回答5】
電車は煙を出しません。



友達にすすめる
posted by fakerholic at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編回答4】100問目企画第3問

問題編は一息ついたときの小ネタ【特別編4】を参照ください。

【特別編回答4】
もちろん、エレベータを呼ぶためです。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編回答3】100問目企画第2問

問題編は一息ついたときの小ネタ【特別編3】を参照ください。

【特別編回答3】
スクリューの先端。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編回答集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。